励ましのつもりの「気にしすぎじゃない?」が傷つく人

まつもと
こんにちは!編集・ライターの松本紋芽(@Sta_iM)です

繊細な心を持っている人は、「気にしすぎる」ことがあると思うんですけど、それを他人に言うとまさに「気にしすぎだよ〜www」って返されることありません?

あれ、めちゃくちゃ傷つきますよね。

逆に、これのどこに傷つくポイントがあるのかわからない人は、、私とは違う「あちら側」の人なのだと思います。

おそらくあちら側の人は、とても大きな優しさで「深く考えないで」と伝えたいし、「あなたは今のままで素敵な人だよ」って言いたいのでしょう。

でも、繊細な人の中には、それを「突き放された」と感じる場合もあります。

私がフォローしているりょうたさんも、同じようなことを言っていますね。

悩んでいる時は、寄り添ってほしい人が多いと思うんです。

そんな時に「気にしすぎだよ」って言われると、共感もされていないし、理解もされていない感じ。距離を作られているというか、なんなら突き放された感覚にさえ陥るんです。

気にしすぎる人への相談の乗り方は?

じゃあ、「気にしすぎだよ」って思った人は嘘でも共感しないといけないのかというと、それも違うと思うのです。

気にしすぎる人の気持ちを分解したり、深掘りして、「その人が自分自身と向き合うためのお手伝い」ができたらいいんじゃないかと思います。

  • なんでそれを気にするの?
  • 昔から気にしてた?何かきっかけがある?
  • 逆に幸せを感じるときはいつ?

とか、「そういえばなんでなんだろう?」と本人が考えもしなかったことを考える機会を作る。

そういうことができれば、十分役に立てるし、嘘もつかないでいられる。相手への理解も深められます。

ネガティブでどうしようもない人がまわりにいたら、ぜひやってみてください。

でも、一番効くのは、心からあなたが相手を尊敬しているところ、素直に良いと思ったところを伝えることです。

内心、めっちゃ喜んでいるはずですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です