喘息:「体感」以外の「情報」からも危機管理しよう

まつもと
こんにちは!編集・ライターの松本紋芽(@Sta_iM)です

喘息の人って、なんとなく「今日はちょっと調子が悪いな」「今夜はゼエゼエしそうだな」みたいなことがわかりますよね。

長年の経験で、体感として体調がわかってくる。

でも私は、情報として捉えられるものがあったほうが冷静に対処できるのではないかと思います。

そこでおすすめなのが、なるほど ぜんそく. comというサイト。

このサイトでは、向こう1週間の、喘息の危険度みたいなものを「ぜんそく天気予報」として確認できるんです。

ぜんそく

だから、事前に対策ができます。

たとえば私は、

ちょっと寒いな、まぁ服一枚羽織るほどでもないけど

ぐらいの寒さを感じだけで、ゼエゼエしてきます。小発作ですね。

だから、次の日の喘息予報が危険だったら、はおりものを持っておいて「ちょっと寒いな」と感じるリスクをひとつ減らそうとします。

もちろんこのサイトでは、喘息にならないために大事な生活習慣などについてもアドバイスされています。

なるべく発作を起こさずに平穏に過ごしたい人は、試しに覗いてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です