ブログを2日サボって感じたこと

まつもと
こんにちは!編集・ライターの松本紋芽(@Sta_iM)です

実はブログを2日ほど書かずに過ごしてしまいました。

過去にこのような記事を書きましたが、

「継続力に勝るものはない」のは知ってるけど、ブログの毎日更新を辞めようと思った話

眠気とだらけ心に負けてしまい、ついにやってしまいました。

たった2日と思うかもしれませんが、その間にも色々なことに気づき、考えたのでそのリアルをお届けしようと思います。

特に
ブログを毎日続けるべきか悩んでいる
という方に読んでいただきたいです。

ブログの毎日更新を2日分サボって気づいたこと

罪悪感だらけ

1日で回復することなく2日分、連続的な罪を犯しておいて言いますが
罪悪感をものすごく感じます。

この取材記事でも書いたように「思考のアンバランス」をしてしまいました。

事実以上の考えを持ってしまって「自分はほんとうにダメなやつだ」と思ってしまったわけです。

ずーんと重い気持ちがのしかかっている感じです。

気まずい

自分が勝手に書いているブログでどこが気まずいんだよ?
と思われそうですが、自分に対して気まずさが生まれます。

なんとも言えない「あー、昨日書かなくて後ろめたいな」という気持ちがブログへのアクセスを遠ざけるのです。

LINEの返事も同じで、一回既読つけたのに返事を忘れると
「なんか、今さらいいよね返事しなくても。一回放置して忘れちゃおう」
とテキトーになってしまう感じ。
(こんな状況になるのは私だけでしょうか?)

別に誰にも怒られない

ブログを毎日更新するように決めたのって私です。続けているのも私。

誰かに言われてやっているわけでも、誰かに誓ったわけでもない。

だから、書かなくても誰かに「うわ〜サボってる〜!」
とか
「なんで書いてないの?」
とかも言われませんでした。

怒られないように計画を進めるのって、ものごとの本質とはかけ離れてはいるけれど
でも確実に少しばかりは「怒られない」がゆえの、ホッとしている感情は芽生えました。

アクセス数は変わらない

気づきのひとつとして、2日サボることでアクセスが減ることはありませんでした。

なぜかというと、ほとんどの流入がオーガニックだから
直近の記事よりも過去の記事で大半のアクセスを積み上げているためなんです。

だから、今日更新しないから明日のPV数がガクッと下がるほど、すぐの影響はない。
これまで毎日更新していたから、PVをとれる記事のストックがある程度はあることももちろん関係しています。

だからこそ「なーんだ。更新しなくても大丈夫じゃん」とうっすら思ってしまいます。

まとめ

というわけで、ブログの毎日更新を怠ると
ブログのアクセス数は減らないし、誰にも怒られない。
でも、罪悪感や気まずさ、後ろめたさが残ります。

私はこの罪悪感に我慢できないので今日からまたスタートさせます。

これが正解かは分からないけれど、365日分の更新をしてみてから
毎日更新を続けるべきか考えてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です