「陰で努力してる」って、もったいないかも

報われる努力
まつもと
こんにちは!編集・ライターの松本紋芽(@Sta_iM)です

 

ここ数日の気づき。それは「なんも言わないけど、実はがんばってる」っていう状態はもったいない…です。「陰の努力」というやつですね。

 

これがなぜなのか考えたいと思います。

きっとみなさんも「陰の努力」、自然とやっているはずです。

「陰で努力する」ってなに?

そもそも「陰で努力する」ってなによ!?という部分を明確にしておきましょう。この記事を読むための共通認識です。

本当は努力してるのに、それをひけらかさない状態

なんでも涼しい顔してこなしちゃう人。

 

その人が誰にも見せていない「必死な姿」こそ、まさに陰で努力しているということです。

 

日本人って「自分をアピールすることがダサい」とか「言わないことが美徳」「察することの良さ」みたいな考えを持っていたし、未だにそういう風に思っている割合も一定数いるじゃないですか。

 

だから、そういう価値観を持っている人は、自分が苦しむ様子を見せず「陰の努力」をしているわけです。

「テスト勉強全然やってないや〜」も陰の努力

具体的な例を示すと…

本当は家でめちゃくちゃ勉強しているのに、テスト当日「ぜんぜんやってないんだよね〜」という人の状態…は典型的な「陰の努力」ですね。

 

プレゼンもこなしてかっこいい上司が、実は家でも資料を読み込み、妻に練習台になってもらってプレゼンの準備を進めていた…というのも陰の努力です。

「陰で努力している」は時代遅れ?

でも、陰で努力しているのって今の時代には「もったいない」案件だと思うんです。

凡人のする「陰の努力」は時代遅れかも

なぜもったいないのかというと、その過程を見せたほうが人は興味を持ってくれるからです。いわゆる「ストーリー性」というやつ。

今の時代に求められている「ストーリー性」を隠すことが「陰の努力」です。だから、時代遅れとも言えます。

 

特に、平々凡々だと自覚している人が「陰の努力」として行動内容を隠すほど、ますます個性が見えにくくなります。個性が明確に打ち出されている人ならいいですけど、自分のことを平凡だと思っている人は、過程を見せることが自分を輝かせるきっかけになるはず。

現代で「陰の努力」が通用する人は、フォローしてくれる人が多い人

では、「陰の努力」はもう通用しないのかというと、そうでもないと思います。ただ、限られた人しか通用しないと言えそうです。

 

Aさんのまわりに多くの人がいる。その人たちがAさんの行動に興味を持って注目してくれている。

というような、いわゆる人徳があるタイプや、インフルエンサー的な人は「陰の努力ですらしっかり見て、それを他人にアピールしてくれる人」が常に自分のまわりにいるわけです。

 

そうすると、「陰の努力」が実ったときに、周りの人たちが「実は**さんは、他の社員が帰った後、いつもひとりで黙々と努力されていたんですよ」と言ってくれるかもしれない。

 

そういう環境が整っていれば、陰の努力も報われる可能性があります。

 

まつもと
家入一真さんとかがこれに該当するのかな?

まとめ:努力の過程を見せていこう

というわけで、凡人は努力の過程を見せてコンテンツにしていこう。

これだけが言えれば満足です。

 

 

陰で努力しているの、もったいないです。

 

それに、単純に

  1. 「テスト勉強やってない」って言いながらめちゃくちゃ点数よかった人
  2. 「しんどいけど準備はした!よしやるぞ」って言っている人

だったら、2のほうが「応援したい!」って思えますよね。だから、今の時代、凡人は努力を隠さずにするのがいいと思うのです。

 

自分の見せ方は検討する必要があるけれど、今チャレンジしていることを…小出しでもいいから試しに発信してみてください、意外とそういう「泥臭い側面を見せたツイート」のほうが「いいね」数が多くなるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です