電車などで見かける「独り言を話す人」

まつもと
こんにちは!編集・ライターの松本紋芽(@Sta_iM)です

 

本日は、公共の場で「独り言を話す人」についての記事を紹介します。

 

実体験

駅のトイレにいた女性は、メイクをしながら何かに怒っていた

何ヶ月か前に、駅のトイレでメイク直しをしていたら、ひとりの女性が私の横でメイク直しを始めた。

 

そこまでは普通だったけど、そのあとなんか小さく「…うん、…うん」「でもさ…oiys;oy4@32i2yqy/_._lra[w^to」となんとなく話しているような声が聞こえた。

 

だから、イヤホンでもして誰かと話しているのだと思っていた。

 

でも、鏡越しに見たらイヤホンはしていない。

でもでもそのあとも「本当に@yb@,q3v95qv206-3jgrea…なんなの?バカ@b,67^3」「だってさ私の方がy3]^¥2¥^tihji[_s./」「…うん…うん」などと、独り言がとまらない。

 

出してる言葉がちょっと怖かったというか、怒っているような言葉を発していたから…急にもっと大声を出し始めるんじゃないか…と構えていた。

 

彼女の独り言は、他の女性をちょっとびっくりさせていた。トイレから出て手を洗う女性たちは、彼女の発言が聞こえるたびにちょっとフリーズして、鏡越しに様子を伺ってそそくさとトイレから出て行く。

 

 

当時は「そうとう嫌なことがあって、言葉にしないとやってられないくらいキレてたのかな」と思っていた。

 

実は、統合失調症がゆえに独り言を話す人もいる

でも、そのように独り言を話す行動は、障害が関係している場合もあるようです。

 

こんな記事を見て、初めて知りました。

 

 

電車のなか、スーパーなどでこういう人がいたら、これからはもっと余裕のある心で相手を見守れそうです。

 

おそらくこういう風に独り言を言ってしまう人は、「なんとなく生きづらい」と感じていると思います。周りの理解が深まれば、そういう生きづらい感じを軽減できるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です