バズる投稿もいいけれど、本音を書いてもいいじゃん。

 

いろんなツイートやブログ記事で「フォロワーを増やす方法」とか「ブログのPV数を上げる方法」とか、紹介されていますよね。

 

そして、尖った投稿で急に拡散されまくる人もいる。

 

 

もちろんバズるのを狙っている人が全員ではないけれど、なかには緻密に戦略をたてて書いている人もいる。

 

 

でも、本音を隠して書いているのだとしたらそれはタチが悪いなぁ、とふと思いました。

 

もっと心の奥底の本当の気持ちを書いていいと思う。

 

そして、ブログやSNSの本来の目的ってそういうところにあるはずです。

 

「恋愛をコンテンツにしない」という心の闇をnoteへ投稿

というわけでこういうnoteを書きました

 

世の中には過去の恋愛を振り返ってエモいことをつぶやく人ってたくさんいるけれど、それが私はできない…という内容です。

 

理由が非常にこじれています。

読んでいただければわかるはずですが、本当に「ダサい自分」を隠さずに本音を書きました。結構勇気がいりました。

 

偏った意見(本音)でも、誰かは共感してくれる

そういう不安があるなかで、「公開」ボタンをポチっと押す。

すると投稿してすぐ、だれかが「スキ」をつけてくれました。

 

本音、しかも自分のドロドロした部分を見せたにもかかわらず「スキ」をくれるわけです。「こんな私でもいいの…?」と最強に自己肯定感の低いことを思ってしまうほど、嬉しいできごとでした。

 

 

こんな経験から、自分の本音を書いたって、世の中には受け入れてくれる人がひとりくらいはいる!

そして、その1つの共感や「いいね」「スキ」は、間違いなく自分の原動力になる…と思いました。

 

好かれるための策略的な投稿での、たくさんの「いいね」より、1つの「いいね」や「スキ」の方が重みが違います。

 

だから、もっとみんな、本音を隠さずに生きていこうよって言いたい。シンプルに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です