自分のメンタルのためにも「何も予定を入れない」ことをしよう

心の健康
まつもと
こんにちは!編集・ライターの松本紋芽(@Sta_iM)です

 

今日は、なんとなく疲れているときに

  • 平日の仕事終わり、なにも予定を入れない
  • 休日、他人との約束を作らない

ということをおすすめしたいと思います。

 

日々

今ふんばりばりどきだから、自分をないがしろにしている

という、がんばり屋さんに特に読んでほしいです。

 

そもそも、なぜおすすめしたいのか、メリットをもとにお伝えしますね。

何も予定を入れないことのメリット

たくさん眠れる

平日の仕事終わりに、飲みの予定を入れると…終電近い時間になったり、とにかく遅い時間に解散になるでしょう。

 

そうすると、帰宅してお風呂に入って…となると、1時、2時ぐらいになる。

 

一方、予定を何も入れなければ、

20時ぐらいには夕飯も終わり、ゴロゴロしながら22時台には眠りにつくことができます。

 

普段それくらいに眠らない人でも、ためしにそういう生活をしてみてほしいです。

朝すっきり起きられる

上の「たくさん眠れる」とつながっているのですが、

最近そういう生活をしてみたら、自然と6時台に目が覚めてびっくりしました。

 

やはり、早寝早起き最強かもしれません。

夜型だと思っていましたが、早起き楽しい。

 

 

「あと5分…」と無理やり起きて、眠気と戦いながら日中を過ごすこともなくなります。

自分の健康のために、そして生活を整えるためにも、たまにはそういう週を作ってみてもいいと思うのです。

 

自分のことに集中できる

また、なにも予定を入れないことで、自分が普段したかったことに挑戦できます。

 

挑戦というほど大きなことである必要はもちろんなく、普段「あれやりたいな〜」と思っていたことをやる時間に充てるだけでいいです。

 

私でいうと

  • 久々にQoo10で買い物をする
  • 気になるエリアの物件探しをネットでする
  • ずっと洗っていなかったスニーカーを洗う

などでしょうか。

 

ものすごく普通ですね(笑)。

 

でも、そういう小さなことをするには、意外と時間が必要なのです。「何も予定を入れない」ことで、それらを実現することができるので、ぜひたまにはそういう日を作ってほしいです。

 

まつもと
ずっとやりたいと思ってたことができた〜って、単純に嬉しい気持ちが芽生えますよ

心が落ち着き、メンタルが安定する

何も予定がないと「焦る」「時間を逐一確認する」必要がないので、メンタル的にもとってもいいです。

 

  • 今日はあの用事済ませなきゃ
  • 電車の中であの資料読み込んでおこうかな

こういうことがないだけで、だいぶ心が安定します

 

そして、他のメリットでも述べたように

  • たくさん眠れる
  • 朝すっきり起きられる
  • 自分のことに集中できる

という、いいことだらけのループに入ることで

 

  • 眠れない
  • 起きられない
  • 自分のやりたいことができない

という不満がなくなります。

 

自己満足度が上がるので、メンタル的にもいい方向に向かうのです。

 

自分のメンタルのために、「予定を入れない」をしよう

というわけで、予定を入れないことのメリットを書いてみました。

 

  • たくさん眠れる
  • 朝すっきり起きられる
  • 自分のことに集中できる
  • 心が落ち着き、メンタルが安定する

 

もちろん、これは「日々、忙しく動いている人」に向けてのものなので…毎日予定がない人には当てはまらないかもしれません。

 

毎日いっぱいいいっぱいになっているがんばり屋さんは、たまにはこういう週を作って、自分の心を健康に保つ努力をしてみてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です