人生は、選択の連続。今、自分は何がしたいのかを考えよう

人は、朝起きてからたくさんの選択をしますね。

 

 

  • 着るもの
  • 食べるもの

こんな小さなものもそうです。

 

仕事でも

どのメールを優先的に返信し、どのタスクを優先的に処理するのか

すべて、些細なことですけれど自分が考えて選んでいます。

 

ただ、時にちょっと大きな選択を迫られるときってありますよね。

  • 新事業部に携わるのか
  • 他の部署に異動するのか
  • 大きなプロジェクトに参加するのか

みたいなこと。

 

 

こういうとき、おそらく上司があなたに

  • その仕事をしたときのメリット

とかをそれぞれ話すと思うんです。

 

でも、それはだいたい良いように聞こえるための「セールスコピー」みたいなもの。

 

良い側面しか見せていません。

 

だから、その場で即答とかはしないのはもちろんだけど、もういっかい自分のなかで「今後何をしたいのか」「その仕事をすることで、自分の目標にどんな影響を与えるのか」を考えて決断してほしいです。

 

私も今後、ちょっとした選択がありそうなので、これは自分へのメッセージでもありますね。

 

やっぱりセールスコピーはよく聞こえるし、良い条件を聞くととても心が揺らぐのはわかるけれど、それは今あるものを手放してでもやりたいのかを考えてみる。

 

その仕事は、今じゃないといけないのか、この会社以外でもできることなのか

とかを冷静に考えて、自分の意志をひたすら確認する。

 

結局、上司もあなたに寄り添ってくれているように見えるだけ、という場合が多いです。あなたの人生を本気で考えられるのは、たぶんあなただけ。

 

私の人生も、本気で考えられるのは自分です。

 

自分の心の声を大切にしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です