フリーライターになる方法。初心者でも経験者でも関係なく「宣言」するが勝ち!

フリーライターになりたいけど、何から始めればいいかわからない

という人はに向けて書きます。

 

とはいえ私は会社勤めの編集者です。フリーライターではありません。でも、2019年内にフリーになる予定です。

現在、今の会社のつながりとは全く関係ないところでライターとしてのお仕事をいただいているので、その経験から「フリーライターになる方法」を考えてみたいと思います。

フリーライターになる方法

SNSを開設して、自分を覚えてもらう

文章をうまくする、とかいう技術的なことを一旦置いておいておきます。

 

まず、フリーライターにSNSは必須です。

実はSNSを使わなくとも、固定で半永久的にお仕事をもらうこともあります。

でも、SNSを使っておいて損はありません。

 

自分がライターとして執筆実績がなくても、Twitterが自分を表すメディアとして機能してくれるからです。一種の「宣伝広告」と言えます。

ここでは、フリーライターとして名乗ってもいいし、「フリーライターになる人」としてでも良いです。

いずれにせよ、同じ志を持った人や、憧れのライターさんをフォローして意識を高めながら、自分の言葉を発信すると良さそうです。

 

たくさん発言して、一日に何度もタイムラインに出てくる人は「刷り込み」みたいな感じで、覚えてもらいやすいです。

「一人の人間であること」をしっかり認識してもらうことが第一歩です。

 

 

私もまだまだ「覚えてもらうこと」の途中ですが、コツコツと続けることでフォローされてはフォロー外しされてを繰り返しながら、つながる人を少しずつ増やしています。

 

もちろん覚えてもらうのにも個性が必要で、これは私も悩んでいるところです。

  • 義実家でストレスをためながら節約生活をしている
  • シェアハウスを運営してその状況をリアルに伝えている
  • 海外留学をして、その「現実」を発信している

などといったように、何かしらの「引き」がどうしても求められます。

 

確かに、趣味もなければつぶやくことも面白くなく「眠い」「おはようございます」だけ毎日発信されても興味わかないですよね。

 

 

「ライターになる」「仕事ほしい」と宣言して意思表示する

そして、このSNSでも、リアル世界でも「フリーライターになる」と宣言するのをおすすめします。

「フリーライターになりたい」だと、いつまでも煮え切らない自分が見え見えなので、私は「フリーライターになる」となるべく言うようにしています。

 

そして「仕事くださいよ」と関係者にアタックすることも続けてほしいです。

 

「フリーライター」と名乗っていて、SNSを駆使している人って

  • こんなの書きました
  • こういう取材行ってきました
  • 今日は仲間とカフェで作業

みたいなことをつぶやく人が多いです。

 

編集者からすると「忙しそうだな…」と思ってオファーを遠慮しがちになる人もいます。

そんな時に、積極的に「●月のお仕事募集してます」などとつぶやかれると、「依頼のチャンスだ!」と前向きに検討することがあります。

 

初心者ライターの人に対しても

本当にライターの仕事を探している人なのかな?アフィリエイトの収益目的のブロガー志向?

などと、諸々判断しかねることが多いです。

そのため、しっかりと「こういうお仕事募集してます」と意思表示してくれると嬉しいです。

 

 

私も「ライターとして仕事がほしい」と話してはいたものの、周囲はあまり本気に捉えていなかったようでした。

 

そのため「本気でほしいです。副業として今からバンバン仕事ください」と意思表示をしました。

そうすると、どんどん依頼してくれる人が出てきました。毎月、何かしらの仕事を持ってきてくれます。

 

今の会社の人脈ではないにしても、私は知り合いに業界の人がいたのですんなり仕事をもらえました。ちょっと例外かもしれないです。

 

 

でも、「意思表示」することで「本気なんだなこの人は」としっかり記憶してもらえます。

 

すると、その人が「は〜、このネタでかけるライターいないかな〜」と困った時に

あ!そういやあの時のアイツ!めっちゃ仕事ほしがってたな〜

と急に引っかかって、連絡をくれる可能性があるのです。

 

 

だから、「初心者だから」と諦めずに、熱心に意思表示して自分を発信してください。

技術はその次で大丈夫です。それよりも発信して「自分という者がいること」をアピールする方が良いです。

机でお勉強ばかりしているよりも。断然「ライターへの世界」が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です