副業をしたいけど、本業が忙しくて無理。な人がどちらも続ける方法

転職をする方法を書いたアイキャッチ
まつもと
私は副業をやっています

 

本格的には、2018年の11月から開始しました。

まだ2ヶ月程度しかしていませんが、続けるためにやっていることと、副業をやりたいけど「できない」と思っていた当時の気持ちを振り返ってみたいと思います。

 

「本業以外にもお金を手に入れるルーツがほしい」と思っている人、でもまだ動けない人のヒントになれば嬉しいです。

本業で忙しい人が、副業をやる方法

本業を、徹底的に効率化させる

忙しいけど、それをさらに効率化させるのは「副業をするため」のひとつの手です。

 

2018年の「年末進行」の忙しさで本業に割く時間が増えた時、私は本当に「効率化」の鬼になってました。

そのせいで…いや、おかげで、以下のような記事を書くことができました。

 

全て、効率化のために私がやっているものです。

これを意識することで「終わらない」と思っていた年末の仕事が全て終わりました。なんなら最終日の退勤時間よりも1時間早く終わりました。

 

そして、夜は副業の時間に充てることができました。

まつもと
ちょっとでも参考になったら嬉しいです

 

睡眠時間を削る

これも、ひとつの手ではありますが、あまりおすすめしません。

私もこれをやってしまうタイプです。が、最近はやってません。

 

 

睡眠時間を削れば当然、活動できる時間が増えるから副業の時間も自然と増やせます。

まつもと
ただ、日中のパフォーマンスが本当に下がります

 

だから、2、3日ぐらいだけやるなら力技でどうにかなる方法といえます。

それよりも長く続けるようなことをすると、単純に日中ずっと眠くなります。その結果、集中して効率的に仕事できなくなるので、退勤時間も遅くなります。

 

まわりまわって、退勤後にやる副業の時間が取れない…ということにつながりますので、ショートスリーパーでない限り、やらない方がいいと思います。

 

 


とはいえ、そもそも本業の「忙しい」レベルが段違いだという人もいると思います。

18時間ぐらい働いて、あとの6時間を通勤時間と睡眠に充てている。本業だけで必死

ぐらいの人もいるはずです。

それが1年前の私でした。徹夜もするくらいだし、土日も出勤しないと終わらないから、本業が終わったら泥のように眠るだけなんですよね。

 

そして、これよりハードな人もたくさんいるはずです。

 

そういう人たちに、上記のような

  • 仕事の効率化をしよう
  • 睡眠時間を削ろう

と言ったところで、何も現実的じゃないですよね。

 

私も当時は

まつもと
今は副業の時代、とかいうけど、そもそもそれができる本業をやれているだけでかなり恵まれてない?

と、ほぼひがみ丸出しの意見しか持っていませんでした。

 

というわけで、以下は抜本的な解決法です。

転職する

正直、自分でがんばっても「副業をする」ための時間がとれないことが明確な場合、できる環境に移るしかないと思います。

 

本業だけでいいと考えているなら、今のままでいいはずです。

でも、本業以外に打ち込みたいものがあったり、新たなフィールドを開拓したかったりするならば、もう転職するしかないのではないかと思います。

 

 

これで私も副業ができる世界に足を踏み込むことができました。

前までは

10時出勤→徹夜して始発で帰宅してシャワーだけ浴びて着替えたらまた出勤

みたいなことをしていた日もありましたが、

転職したら

10時出勤→19時台に退勤、遅くまでやったとしても21時台

という生活に変わりました。

 

人間らしい生活をしながら、新しいフィールドも開拓できています。

 

 

転職する時間がない人の気持ちもわかりますが、それはさすがに無理矢理にでも割かないと、何も前進させられません。

 

まつもと
私は転職してよかったです。あのままあそこで必死に働いていても、何も状況は変わらなかったはず。動けてよかった

 

 

 

もちろん、今の会社が大好きで、やりたいことがまだまだあるなら「仕事の効率化」を優先して試してみて副業にチャレンジするのがいいと思います。

でも、今の会社にこだわっていないなら、転職もいいと思います。

 

 

自分の働き方、人生設計にもっともフィットする選択をしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です