残業を減らして、最速で退勤するには「タイムスケジュール」がマスト

 

 

まつもと
残業はしないで早く仕事を終わらせて帰りたい

誰もが願っていることだと思います 笑

そのためのシンプルな方法をお伝えします。私が実際にやっていることなので、例も挟みながら書いていきますね。

効率的に仕事をして、早く帰る方法

タイムスケジュールを作る

出社してから帰るまでの行動を全て決めるようにしています。

私が意識しているポイントはいくつかあります。

  • 前日の帰る前に、次の日のスケジュールを決定しておく

→朝出社して「さーて、まず何するかな」の時間をなくすためです。これをやってしまうと平気で30分くらいたってしまうので、要注意です。

 

  • 作業が区切れるなら、細かく分ける

→例えば原稿編集をする私の場合、ライターさんごとに時間を区切ったり、飽きがこないように編集するライターさんを時間で変えたりします。(13:00〜14:00 Aさん原稿2本、14:00〜15:00 Bさん原稿2本、15:00〜15:30 Aさん原稿1本)

 

  • 終わらなさそうなものがあれば優先度と緊急度に合わせて調整する

→TODO的なリストの通りにいかないと「こんなのに時間がかかって…私はダメなヤツだ」と思ってしまうのが私。でも、嘆いても仕方がないので、その日に素早く帰るために適宜組み直して作業する。

意外と次の日に回してもなんら問題ないことって多いんですよね。自分を追い詰めすぎずに進めるの、精神衛生上いいです!

 

  • ランチの時間も入れる

→ランチの時間も意識しないと、おしゃべりしすぎて長引くことが防げます。

 

  • 急な雑務が入ることも考えて、30分程度後ろにずれる想定をした上で組む

→急に「この資料読んでください」「これチェックしてください」みたいなことがあると、15分、30分はあっという間に過ぎてしまいます。

それを全て拒否してしまうと業務上差し支えるでしょうから、それに対応できる時間配分をしておくことをおすすめします。

 

以上のようなことを意識して(例として)私はこのようにスケジュールを組んでいます


〜10:15 メールチェック&納品原稿整理

〜10:30 PV数などの分析用リスト更新

〜10:45 ライターさん、ネタ案チェック

〜12:00 ▲▲さん原稿、●本編集

〜13:00 MTG

〜14:30 ◇◇さん原稿、○本編集

〜15:30 ランチ

〜16:45 **原稿○本入稿

〜18:00 ●●さん原稿、○本編集

〜19:00 △△さんリスト作成(すぐ終わりそうだけど余分に時間取ってる)


朝が弱い人だと、出勤してからこれを組むなんて過酷すぎます。

いい意味で、無心でこのスケジュール通りに働けるのでいいですよ!

 

 

 

 

他にもいくつも要素があるので、複数回に分けます!

次回は

ランチは遅めの時間に。お腹いっぱい食べない

です。もうこの見出しが全てを物語っていますが、体験談も含めて書いていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です