イケハヤ動画「1分でコンテンツを作れ!」とのことなのでスピーディーに書いています

 

今日は動画タイトルに合わせて、1分以内は無理だけどとにかくスピーディーに書いています!

 

 

イケハヤ氏動画メモ

ブロガーで生活するには「量」が必要

イケハヤ氏は「圧倒的な量を作ることが大事」だと話していました。


*イケハヤ氏

量は正義!

量を作れば成功する確率が高まる

うまくいっている人は量を作ってる!


とのことです。

 

私も最近、少しずつ意味がわかってきました。

例えばブログを作り込んで、5000文字くらいの記事を週に1回書いたとします。一見こだわって作ったから素晴らしいことのように思えますが、これだったら800文字の記事を毎日更新した方がいいと考えています。

 

今まで140記事ほど書いているのですが、数がある程度あるだけで

まつもと
このジャンルが読まれるんだ!

とか

まつもと
しっかり文字数入れて作り込んでも、このネタは響かないんだ…

ということが統計的にわかってくる。

そうすると、今後ブログを書いたりリライトしたりするときの参考材料になります。

 

こうやってブログをアップデートさせていくためにも、量は大切。納得です。

 

 

しかし、世の中には「量」を作れない人もいる。

「量」を作るには、細切れ時間を使え!

量を作れない人は、なぜそうなってしまうのでしょう?


*イケハヤ氏

量を作れていない人は、細切れの時間を使えてない。まとまった時間でがっつり集中するのはできていても、隙間時間をうまく使えてない。

 

僕は今、この動画を、8ヶ月の赤ちゃんが寝ている隙に撮っている。

育児しながらでもできるんです。


 

まつもと
隙間時間にブログ書くのなんて、なかなか時間かかるから無理なんじゃない?

 

高速でコンテンツを生み出すなんて、要領を得ている人だけができると考えますよね。イケハヤ氏はできるだろうけど、私にはそんなすぐできないよ…と思う人もいるでしょう。

 

という人のために、どんなコンテンツでどんな発信をすると「最速でコンテンツを作ることができるのか」ということを具体化してしていました。


*イケハヤ氏

じゃあ具体的にどんなコンテンツをつくれるのかというと…

・ツイートなら1分で作れる→赤ちゃんを抱っこしならがらでもできます

・ツイートまとめ記事(ブログ)なら5分で作れる

・YouTube動画なら10分で作れる

 

正直、公開してみないと何が当たるかわからない。

小石を投げてあたりを探れ!

毎日毎日小石を投げて、当たったらラッキー


 

といったように、地道な積み重ねをとにかく行うよう話していました。

 

これは、作業工数的に楽だからというメリットもあるのかもしれませんが、ユーザー目線から見てもいいポイントがあります。

今、ユーザーは「短い時間で楽しめるもの」を求めている

ユーザーは小さな作品を求めているんだそうです


*イケハヤ氏

今は、短い時間で見られる、読める、楽しめるものがおすすめ!

だから今すぐサクッと作れ!


 

確かにYouYubeの動画も、3分〜10分程度の動画が多いですよね。

  • 電車のなか
  • ご飯を食べながら
  • お昼休憩の合間に

といった時間に楽しめるものが浸透しやすいのでしょう!

 

たまに大作で20分超ぐらいのものがあると

まつもと
ちょっと重いな、あとで見よう

となる気持ちが、潜在的に「小さなストーリーを求めている」証拠なのだと気づきました。

 

 

ブログを書いていると、文字数が少ないことへの罪悪感を覚えることがあります。

でも、内容によってはサクッと読めるものも必要なのでしょうね。今後の参考になりました。

 

イケハヤ氏「1分でコンテンツを作れ。」動画リンク

というわけで今回文字化した動画は以下のものです。

 

まつもと
スピーディーさを意識したので、この記事は20分くらいで書けました 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です