【月給13万円】一人暮らしの節約生活に「業務スーパー」は使うべき?

 

まつもと
業務スーパーってお得なイメージだけど、女性の一人暮らしでも使えるのかな?

 

数年前、月給13〜14万円をウロウロしていたころの記憶をもとに

業務スーパーの便利さについて書きたいと思います。

 

ちなみに私のその時の生活状況は

  • 車持ち
  • 一人暮らし(家賃5万円→3万円へ引越し)
  • ほぼ3食自炊
  • 毎月3〜5万円を貯金

といった感じでした。

業務スーパーは「大量買い」向き(当たり前)

業務スーパーには、1kg単位のお肉や、袋にパンパンにつまったおつまみなど、まさに業務用と言える商品がたくさんあります。

  • 醤油
  • ソース
  • みりん
  • チーズ
  • ホイップクリーム

なども、全て「2リットルのペットボトル」みたいな大容量サイズで売っています。

まつもと
子供が3人くらいいないとこんなん消費できないじゃん…!

 

そのため、いくらお得に買えるからといって業務スーパーですべての買い物を済ませることは難しいです。

 

一人暮らしで節約をしたい人は、小分けで買えそうな

  • 豆腐
  • 麺類
  • 飲み物

あたりの購入をおすすめします。

 

お肉とかは大容量サイズのもので1000円くらいします。100gあたりで見ると安いのかもしれません。

でも、一人暮らしだったらそんなにたくさん食べないし、鮮度も気になるので、200gぐらいで売っているパックのお肉を普通のスーパーで買ったほうがいいと思います。

しかもガチ節約をしている人にとって、お肉だけに1000円も払うなんて高すぎます。

自分の生活にあったサイズでOKです!

 

業務スーパーの客層は「肝っ玉母ちゃん系」と「ひとりの男性」がメイン

私が一時期住んでいたアパートの真横が業務スーパーでした。というかもう、駐車場が兼用みたいな、建物自体も同じ敷地にあって区切られていないんです。

同じ地主なのかな、という感じでした。だから頻繁にお店に行きますし、行かずともお店の様子が見えます。

 

そんななかで感じた、業務スーパーに訪れるお客さんの大体の特徴があります。

それは

  • 肝っ玉母ちゃん的な女性(家族と一緒)
  • カップラーメンなどを買いだめする男性ひとり
  • 土木系の男性がフラッと

 

上記のような雰囲気のかたが多いです。当時20歳そこそこだった私のような人はあまりいませんでした。

まつもと
黙々と商品を物色する、やや殺伐とした感じがけっこう居心地よかったけどね

 

まとめ:節約のためには「普通のスーパー」との使い分けが大切

 

業務スーパーは時として

  • 豆腐1丁→1円
  • 麺1袋→8円
  • 缶ジュース(350ml)→19円

といった目玉商品に出会えることがあるので、それが「もともと欲しかったもの」だったのであればかなりお得です。

まつもと
「安いから」っていう理由だけでもともと買う予定じゃなかったものを買ったら、それは節約的には「無駄遣い」だよ!

 

また、小分けで売っているもの、長期保存ができるものでなければコスパ悪いです。

 

だから、麺と豆腐、飲み物は業務スーパー、果物と野菜、お肉やお魚は普通のスーパーといったように、買うものによって使い分けることをおすすめします。

 

しかも2箇所を常に行き来すると

まつもと
あれ?業務スーパーの油揚げよりもこっちのスーパーのほうが安いじゃん!

というように、それぞれを使い分ける嗅覚も鋭くなり、節約上手になっていきますよ!

 

節約は知恵です。

買い物する場所を上手に選んで、かしこくお金をつかっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です