なんでもGoogleで調べる時代ではない。「まずYoutube」が当たり前?

 

「ググる」という言葉が当たり前に使われるように、

Googleで何かを調べるということが日常生活の一部になっている人は多いはず。

 

でも、ライバルがいます。

「Google」のライバルは「Youtube」

 

  • 料理レシピ
  • 裁縫などのハウツー
  • 釣り

…など、これまではGoogleで調べて、自分がより知りたい情報に関連したサイトをチェックしていた人もいるでしょう。

 

しかし、ジャンルによってはGoogleよりも「理解しやすい」と思われているのがYoutubeです。

文章が苦手な人でも見られるし、

どこか「感覚的な要素」が必要なものも、動画なら

まつもと
こういう感じか…!

と感覚的なまま受け取れます。

 

Youtubeを見れば、文章をほとんど読まずして料理ができる

着々とユーザーを増やしているチャンネルを少し紹介します。

 

Instagramの動画で急激に認知度が上がったTASTY JAPAN。もちろんYoutubeでも動画配信しています。

まつもと
完成したときのとろ〜り感が食欲をそそる!

 

レシピ系は、動画との相性が跋文ですね。

料理系の動画は、分量はさすがに書いている人が多いものの

  • どういう風に混ぜるのか
  • 具材の包み方

などは、字幕を入れなくても分かります。見れば分かります。

 

レシピ系をがっつりやっているわけではなく、日常を切り取ったほのぼの系動画におまけでレシピがあるようなチャンネルもあります。この「仲間家食堂」というチャンネルの場合は、工程を全て見せつつ、分量を「このくらい」としか説明していません。

でも、見ればだいたいの分量が分かり、加減というものも把握できるのでマネして作ることが可能。

 

 

等身大の男飯が作れそうなのは「ラブ川食堂」というチャンネル。おしゃれな盛り付けや見た目にこだわるというよりも「おいしいものをおなかいっぱい食べたい」という男性の胃袋をガチッと掴んで話しません。

レシピ自体はしっかりしています。スパイス系もしっかり使っていたり、下準備も凝った内容でしていたりするので、男飯といえど「雑」ではないですよ。

まつもと
…むしろこんなに素敵な料理を私は作れません

 

 

まとめ:Youtubeは拡大成長するジャンルがまだまだある

レシピだけを例に見てみても、クックパッドでいちいち分量と作り方をチェックするよりも気軽に理解できると感じた人も多いはずです。

 

企業が参入することはもちろん、文字ベースで活躍している個人もYoutubeの可能性に注目し始めていますよ。

とくに学習系。セミナーのようなものは、会場が必要だったり、参加する人は地域が限られたりします。

でもYoutubeならいつでもどこでも見られる。

 

Youtuberという職業は、今後ますます注目され、偏見も少なくなっていくかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です