ブログが書けない人に。強引に背中を押してもらえる言葉たちを紹介します

 

まつもと
楽しいはずのブログが、書けない。

 

方向性やPV数を気にするほど、「上の人たち」の功績が眩しすぎて自分に落胆する。

 

ここ数日そんな感じです。

同じように悩む方に、私がこの数日間で背中を押してもらえたツイート、落ちている気持ちを無理やり引き上げてもらった言葉を紹介します。

 

「ブログが書けない」「ネタがない」へのアドバイス

まずは世良菜津子さんのツイート。

世良さんは、私にとってはこういう方です。

  • いつも明るくポジティブなことばで励ましてくれる
  • ブログ運営に限らず「生活を豊かにする」情報も教えてくれる
  • 話を聞くだけでパワーがもらえる

 

私もがんばるよ、一緒にがんばろうよ!みたいなスタンスが、すごく受け入れやすいです。

最近はこのツイートを何度も読み返しています。

空っぽの箱からは、なにも取り出せない。

アウトプットするためには、自分の脳みそを空っぽにせず、情報を入れる必要があるということですね。

 

もちろん情報を入れるだけではなく、考えないとアウトプットにまでは到達しない。

まつもと
情報サイトを形だけ「見てる」じゃだめってことか。無の心でスクロールして眺めてるとき、あるかも…。もったいない!

 

「ブログの成果」や「自分の実力」に対する不安がある人へのことばや画像

  • PV数が取れない
  • 誰の心にも響いてなさそう(日記感を自覚している)
  • 私みたいなのがブログ書いてても、誰の役にも立ってなくない?
  • 本当にブログで生きていけるのかなぁ?

と思っている人!いませんか?

まつもと
(挙手)

 

クロネコ屋さんは、そんな私の気持ちを汲み取ってくれたかのようなツイートをしていました。

連続更新85日目ぐらいの私が見るとすごくタイムリーです。「デイリー100pv」という言葉もリアル感があります。

まつもと
私の心、読んでるのでは…?

 

アクティブの塊、もはや行動が早すぎて実体を目視できないのでは…?というイメージを私が一方的に抱いているるってぃさんからも、強力な力で背中を押されることばをもらいました。

完全にシンプルに「やれ!」と言われますよね(笑)。

まつもと
うじうじ悩んでいる時間すらもったいないのかも…!

 

そして、「こんな私でもやっていいのかな?」と自分をすごく低く見積もって、自信がない人にもメッセージを書いています。

まつもと
「あなた」とか、完全に私に向けて書いてるよね?(自意識過剰)

るってぃさんも、私の心を読めるタイプか…

 

 

こちらは画像つきのツイート。デザイナーのトミナガハルキさんが、本来であればなるべく見せたくないであろう、過去の作品を投稿してくださいました。なんだか励まされます。

私も伸びしろめちゃくちゃあるんじゃない?と思わせてくれる。

まつもと
誰しも「初心者だった」時期があるんだ…!

 

 

無理やり気持ちを引き上げてくれたのは自己理解やぎぺーさんのことば。

るってぃさんと同じように「やれ!」「行動しろ!」とお尻を叩かれる感覚です。

まつもと
なにもしなかったら、なにも生まれるわけないもんなぁ。

 

ぼんやり沈んでいる気持ちをちょっと楽にすることば

続いてはヒトデさん。ヒトデさんは私と年代がほぼ変わらないので、ますます刺激になりますし、勝手に親近感を持ってツイートを見てしまいます。

ヒトデさんのツイートでは自分で自分を奮い立たせることも大事だけれど、他人の力を借りるのって、全然恥ずかしいことではない。むしろ頼れるときは頼っていいじゃん!ということを教えてもらったような気がしました。

まつもと
他人に話すだけで一瞬で問題が解決したり、視野が広がったりすることって確かにあるかも!

ぼんやり沈んでいる気持ちは、アクティブな友達や面白い同僚の力をかりちゃおう!と気軽に思わせてくれました。

 

 

さらに、これ!

クスッと笑ってしまいません?

悩んで悶々としている自分の「かた〜い脳みそ」を、一気に柔らかくしてくれるようなことば。

まつもと
そうそう、思い詰めすぎてたわ。これくらいのラフさって大事よね!

 

まとめ

ブログ書けないから息抜きにブログ…。この記事も、そういう気持ちで書きました。

 

気負いしすぎていた心を一回リセットしてみたら、昨日よりはブログを書くのがちょっと楽しくなっている気がする。

多くの方のメッセージのおかげで、少しずつ上を向いて歩んでいけそうです。

 

  • 自分のブログの価値がない
  • ネタがない
  • 自分の実力がない
  • なんか不安
  • やりたいことをやっているけど、今の生活が正しいのかわからない

 

 

私のように悩む人が、このブログを読み終えたころには「う〜ん、書くかな〜!」「…やってみるか!」という方向に少しでも傾いてくれたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です