27歳未婚の私が「結婚っていいものなのかも」とようやく思えた理由

 

これまで「結婚したくない」「来年とか再来年は無理」と思っていたのですが、最近「結婚っていいものなのかも!楽しそう」と前向きに思える機会が増えました。

結婚を前向きに思えた理由

ユキガオさん&やのたくさんの結婚

ほんとうにこのお二方のツイートは見ているだけで幸せになりました。

そして、お二方のツイートを見ていて、ぼんやりと「結婚するとやりたいことができない」「縛られる」「夜に出かけられなくなる」「ごはんは?とか言われてお母さん化する」とマイナスに思っていた結婚生活のイメージが変わりました。

互いの仕事や、向かっている方向を理解して支え合っている姿。物理的に会えないことも多そうだけれど、夫婦で依存しすぎることなく個人としても充実した生活を送っているようすは「こんな結婚のかたちもアリなんだ!」と思わせてくれました。

 

 

仕事のモチベーションをアップする理由が増えるから

これまで、仕事は「自分のやりたいこと」「自分が幸せになるために」と考えて突き進んできました。今もそうです。

でも、「自分のため」だけを燃料にして動き続けるのって、相当しんどいことに気づきました。自分の気持ち次第で「やるぞー!」となっていれば満タンだけど、そこから燃え尽き症候群みたいになって、最後は燃料がほとんどなくなってしまうのです。

ここで結婚相手がいると

  • 妻や夫と楽しい未来を作るためにがんばるぞ!
  • これを成功させて妻・夫の笑顔が見たい
  • もっといい仕事をして家族にお金の心配をさせずに暮らしたい
  • 妻が忙しそうだから今夜は早く帰ってご飯作るぞ!

と、違ったベクトルからモチベーションをアップできるのではないかと思いました。

「だれかのため」になるようなことをしたいんです。これは仕事だけではなく、日常生活でも。それで相手が喜んでくれたら自分もきっとうれしくなりますしね!

自分のモチベーションを高めてくれる存在がいて、自分を好きでいてくれる人がいるという安心感もある。そんな結婚だったら、してみたいと思えました。ようやく自然と思えました。

 

 

これまで結婚願望がなかったわたしに、「わたしが結婚したがっている前提」で「結婚はさすがに35歳までにしてよ」「そんなんだから結婚できないんだよ」と言ってきた人からは、結婚に対してポジティブな意見を聞くことができませんでした。

 

でも、自立しながらも支えあう姿を見て、結婚のいいところを自然と見つけることができ、私の気持ちも変わってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です