【収納スペースがない狭い1R】使わない服やふとんが邪魔なら、保管サービスつきクリーニングを使おう

 

みなさんはどんな家に住んでいますか?私は、クローゼットなどの収納スペースがない部屋を借りています。前職に入社するのに合わせて引っ越したため、「いざ給料日が来てすごく低かったらどうしよう」と疑っていたたこともあり、かなり狭くて安い部屋を選びました。

そんな激狭物件に住んでいて悩むのがやはり「収納」の問題。

特に夏場は「羽毛布団」「毛布」「コートやセーターなどの冬服」の収納場所に悩みます。そんなときにおすすめのサービスを紹介します。

保管もしてくれるクリーニングサービス

クリーニングをしてくれたあとに、使いたい時期まで保管してくれるサービスというものがあります。

 

「布団 クリーニング 保管」だけでもうたくさん検索結果が出てきますね。

 

これなら、布団や服を大量にかついでクリーニング屋さんに行く手間&恥ずかしさもなく、そのうえ部屋をさらに狭くすることもありません。

 

ベルメゾンの長期保管&クリーニングサービスがおすすめ

私はベルメゾンのサービスを利用しています。冬服のほか、羽毛布団、毛布なども10月中旬に届くようにして、今まさに保管してもらっているところです。

ほかのサービスを利用したことがないので、「ベルメゾンのサービスって実際どうなの?」と思っている人に、ベルメゾンのサービスの利点をお伝えしますね。

家まで取りに来てくれる

おそらくこういったサービスは基本的に家まで取りに来てくれるのだとは思いますが、ベルメゾンも例に漏れず取りに来てくれます。

このサービスの購入から、取りに来てもらうまでの流れはこうです。

「クリーニング&保管をお願いしたいもの」を入れる用のバッグが届く

バッグに入れる

必要書類に依頼するものについての詳細を記入する

(例)ふとん類

  • 毛布1枚(シミあり)
  • 羽毛布団1枚(圧縮保管を希望しません)

(例)衣類

  • 黒のタートルネック、〇〇(ブランド名)のセーター、毛玉あり
  • カーキのコート、〇〇(ブランド名)

書類に記載の配送業者に電話して取りに来てもらう

 

やってみればわかりますが、ただでさえ部屋が狭いと布団や服をバッグに入れるスペースの確保すら難しいです(笑)。みなさんもがんばってください。

 

気になる毛玉がきれいになっている

これはすごく感動しました。クリーニングに出すのをためらうほどの毛玉がついたセーターや、お気に入りなのに毛羽立ちが気になってなかなか着られなかったコートも「新品?」というくらいきれいになって返ってきました。

「クリーニングに出さなくていいかな…捨てようかな」と悩んでいるものも一度お願いしてみるといいですよ!今シーズンも着られるようになって戻ってきます。

正直、冬服はこれ目的でクリーニングをお願いしたといっても過言ではありません。あの残念な冬服たちがどのようにきれいになって戻ってくるのか楽しみです。

 

においやシミもきれいになっている

シミは限界がありますが、製品に対して最善を尽くしてくれます。私は昔、ベッドに腰掛けてメイクを直していたらアイシャドウを落として毛布にブラウンのラメパウダーをこぼしてしまったことがあるんです。

クリーニングに出して戻ってきたら、やや色は残っているもののだいぶ薄くなって返ってきました。そんなにすてきな毛布ではなかったので期待していなかったのですが、製品をチェックして、こちらが申告していないシミまで気づいてくれたみたいです。

また、布団は汗や自分のにおいが気になりますよね。そういう部分もきれいにオフされていて、布団に入るのが気持ちよかったです。

 

サービスの悪いところもひとつやふたつあるはず?

実際に利用してみて残念な点があるならお伝えしたほうがいいですよね。ただ、正直、サービスに不満はありません。

 

バッグに入れる作業がめんどくさい

強いて言うなら「クリーニング&保管をお願いしたいもの」を入れる用のバッグに入れる作業がめんどくさいということでしょうか。すごく私的ですね。こっちのただの気持ちの問題です(笑)。

私はギリギリになって詰める作業を行うため、服を10着までお願いするサービスにしたにもかかわらず「あれ?今ので4着だっけ?5着だっけ?」という自問をしてはバッグの中身を確認し…というのを繰り返してしまいます。

布団は枚数が少ないので問題ないと思いますが、服の場合は、10着分なら10着を決めてからバッグに入れる作業をすれば私のようなアホな作業をしなくて済むと思います。

 

タグの表示を確認する必要がある

仕方がないことですが、地味に手間です。以下に該当するものはクリーニングできないので、送ってしまうとその枚数分無駄になってしまいます。

引用元:https://www.bellemaison.jp/cpg/special/cleaning/fuku.html

レザーやファーはもちろん無理なんですね。また、「ドライクリーニング」や「水洗い」が可能かどうかも自分でチェックする必要があるのでまずは服にタグがないとだめです。邪魔だからと切ってしまわないようにしてください。

私は洗濯表示に詳しくないので、ライオンのHPを参考にしてチェックしています。

 

サービス検討の参考にどうぞ

ベルメゾンのクリーニング&長期保管サービスのいいところ、悪いところを書いてきました。悪いところは正直、私がめんどくさがりなことが影響しているだけですね。

とにかく、ベルメゾンのサービスが気になっていた人、クリーニング&保管サービスに悩んでいる人の参考に少しでもなったなら嬉しいです。

私は今の部屋に住んでいる間だけ利用し続けようと思っていました。でも、収納スペースがある部屋に引っ越したとしても、やはり取りに来てもらってクリーニングもしてもらえる便利さはすばらしいので、長いことお世話になりそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です