【出産祝いのプレゼント選びで直面】 女の子にはピンク、男の子には青  このルールはまだまだ健在だった

 

20代後半に差しかかってくると、結婚する友達、出産を迎える友達も少しずつ増えます。

昨年末に出産した友達と久しぶりに会う約束ができたので、出産祝いほど堅苦しくはないですが、プレゼント選びをしました。ギフトショップに出かけた時、男の子と女の子を区別するような発言に直面したので、そのことついて話します。

「男の子」と伝えるだけで、青のアイテムのみ紹介される

プレゼント選びで悩んでいると、店員さんが「もしよろしければお手伝いしますよ」と話しかけてくれました。正直、月齢に合ったアイテムがわからないので、アドバイスをもらうことにしました。赤ちゃんの性別と月齢を伝えたところ、季節的にもちょうど使える帽子と、通年で使えるボーダーのタオルを提案してくれました。

どちらもそれぞれ青色のものを持ちながら説明してくれます。帽子もタオルもかわいいし使い勝手も良いので、気に入りました。

松本「じゃあこれ、青以外の色ありませんか?」

店員さん「ございますよ!グレーお持ちしますね」

松本「帽子はグレーにします。タオルは2色展開なんですか?」

店員さん「あとはピンクなんですよね」

松本「じゃあ見たいです!ピンクもいいですか?」

 

ピンクを選ぼうとすると「ママが使えますね」と言われる

実際に見せてもらうと、ダスティーピンクが上品に見えてとてもかわいかったです。

松本「ピンクもいいですねー、悩みます!」

店員さんあー、ピンクですか。おしゃれですね。でも、そうですよね、(私の友達である)ママに使ってもらえばいいですよね

松本「(似合うなら何色でもいいじゃん)。友達でもいいですけど、赤ちゃんが使っても別にいいですよね?おかしいですか」

店員さん「うーん。おしゃれですね」

その後話をしていてもグレーと青のアイテムを勧めてきます。

松本「男の子だから青、女の子だからピンクって決まっているのが疑問なんですよね。(これでもうごり押ししてこないだろう)」

店員さん「そうですかー!でしたらグレーがよろしいかと思います

もう相談するのは諦めて、悩みに悩みました。最終的には、ピンクを選びました。その赤ちゃんに似合うと思ったし、私の友達もそんな固定観念にとらわれない人だと思ったからです。青のアイテムはさんざんもらっているでしょうし。

 

【友達の反応】何色でもいいじゃん!

友達に、今日プレゼントを渡すことができました。

松本「タオルがピンクなんだけどさ~」

友達「まじで?かわいいよね。今息子のパジャマ、ピンクだよ」

男の子が青じゃなきゃいけないという考えは、正直もう私の世代では「どうでもいい」くらいのことのようです。

彼女は「何色でもよくない?」と当たり前のように話していました。

相手との関係が本物なら、プレゼントにルールはない

仕事でもプライベートでも関係が浅ければ、どうしても無難なものや通例にのっとったものを選ぶかもしれません。でも、相手との関係に隔たりがなければ、本気で選んだプレゼントはちゃんと心に届くんですね。

帰宅した友達からは、プレゼントを実際に使っている写真が送られてきました。悩みながら選んで本当に良かったと思います。

一方で、出産祝いのプレゼントのカラーバリエーションには疑問しかないです。

もっとカラフルにして、選択肢が豊富な商品を展開したお店があればいいのに。先ほど調べたネットショップにも、おむつケーキはピンクと青しかありませんでした。

もしバリエーション豊富に赤ちゃんへのプレゼントが買えるお店があれば、備忘録も含め、ブログにアップしようと思います。それか、どなたかの情報お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です